CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< 始まりました!職人の靴受注会。 | main | 土曜日の受注会。 >>
出逢いのところから。

mk232.jpg

 

mk522.jpg

 

made in Japan

grow naturally

「職人が作る靴 受注会 〜春〜」

 

2020

2月6日(木)

2月7日(金)

2月8日(土)

2月10日(月)

2月11日(火・祝

11:00-18:00

 

みなさまこんにちは!

 

今朝の寒さにはビビりました

洗濯もんを干す手が

凍ってまうかと思いました

 

でも寒さいうより

今までとの寒暖差ですよね

ビビってまう原因は

ほんま罪やで今年の冬は

 

昨日から

 

mk234.jpg

 

mk235.jpg

 

mk231.jpg

 

mk232.jpg

 

コーディネートと靴の配置が

ちょびっとだけ変わった

二日目の職人の靴受注会

 

今日はね

サニネスとgrow naturallyとの

出逢いのところからお伝えしたいと思い

過去のblogから引っ張ってきました↓

 

そのものづくりの背景を

人づてに耳にしたり

 

これは愛着が湧くやろなぁと

いい感じにくたくたになったのを眺めたり

 

以前からいいなぁと思っていた

grow naturallyの靴

 

去年の夏のある日

それを作り出されているご本人さん

詳しくはそのメーカーの社長さんが

サニネスを突然訪ねてくださって

 

たまたまサニネスの前を通られた時に

自分のところの靴をぜひ並べたいと

思ってくださったとのことで

 

ほんまにね、ビックリしたし

うれしかったです

 

そしてお話しを伺ううちに

さらにビックリしたのは

その会社の工房がなんと

松原にあるということ

 

ものが生まれる工程と

そのものを作られている人に

いつも興味がある私

 

図々しいのは承知の上で

ぜひものづくりの現場を

見させてくださいとお願いしたら

うれしいことにいつでもどうぞ!

と言ってくださり

 

mk1068.jpg

 

mk1066.jpg

 

mk1069.jpg

 

mk1071.jpg

 

mk1070.jpg

 

見学させていただくことができました

 

それぞれの職人さんが

それぞれの工程に

真摯に向き合われている様を

間近で見させていただいて

 

なんかね、上手く言われへんけど

横で息をするのもはばかられるぐらいに

緊張したし、感動しました

 

お忙しいなか時間を割いて

丁寧に対応してくださり

本当にありがとうございました

 

その後色々お話しさせていただくなかで

サニネスに並べさせていただくにあたり

受注会という形にさせてもらったら

お客さんにより楽しんでいただけるかなぁなど

どんどん具体的に話が進んで・・・

 

ここから今日のblogに戻ります↓

 

初めて工房にお邪魔させてもろたのが

2018年の暮れ

 

その翌年2019年の2月に

初めての受注会をさせていただいて

回を追うごとに

オーダーしてくださる方が増えて

今に至ります

 

初めての受注会からまだ一年やのに

私よりお客さんの方が

この受注会のシステムを

楽しんでくださっているというか

受注会ならではの醍醐味を

存分に味わってくださっているというか

 

ご提案させてもらってる立場のくせに

私はいつも結局配色もせず

普通のオーダーしかさせてもろてないので

みなさんの遊び心というか

どうせやったらとことん楽しんでみよ♪

みたいなところに感動するし憧れもします

 

そして

grow naturallyの生みの親である

O.D.R.Fのみなさんも

それぞれのオーダーにほんとに丁寧に

対応してくださっているのはもちろん

 

例えば私やお客さんの

 

こんなんあったらええのにな

 

なんていうつぶやきなんかを拾ってくださり

 

mk449.jpg

 

mk211.jpg

 

手染め加工の可能性を

あれこれ探ってくださっている様子を

楽しそうに伝えてくださったり

 

手染め加工についてもね

加工がされた革を仕入れて

靴に仕上げていかれるのではなく

 

靴に仕上げてから一足ずつ

職人さんが手染めされているのです

 

服で言うたら

製品染めいう加工ですが

服の場合は基本

機械である程度の枚数を

一緒に加工してはるはずやから

その手間たるや!と感動してまいます

 

だから同じオーダーでも

染めの濃淡たっだりムラ感だったりが

全く同じものにはならない

 

それが特別感にも繋がっていて

 

わざわざ買ってくださるからには

とことん気に入って

長くご愛用いただきたい

 

そんな大野さんと職人さん方の

ものづくりへの熱くて誠実な想いが

そういうところひとつとっても溢れ出てはって

 

去年、3回に渡ってこの受注会を

させてもらいながら

 

さらっと提案させてもろてるけど

もしかしてめちゃくちゃ贅沢なことを

やらせてもろてるんちゃうやろか・・・

 

徐々にそんな風に感じるようになり今では

 

こんなに贅沢なことを

サニネスでやらせてもろてるからには

もっとようさんの人に

知ってもらえるように頑張ってこー!

 

そんな気持ちになってます

 

こういう機会

ここまで色々買う人が

自由にカスタムできるような機会は

なかなかないと思うので

私としてもほんま大事にね

お伝えしていきたいなと改めて思ったので

今日は熱く語ってしまいました

 

だから・・・

 

肝心の個別解説ないんかい。

 

そう、オーダー自体の流れなんかもね。

 

いう結果になったことをお詫びしつつ

今日は以上です

 

また明日

お会いしましょう(´▽`*)

 

| - | 19:39 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする